大会の特徴・観光

  • HOME »
  • 大会の特徴・観光

大会の特徴

特徴1フラットな公認コースで自己ベストを目指そう
tokucho01

ハーフマラソンは、日本陸上競技連盟公認コースです。
田園地帯を望むフラットな直線、参加者数も適正で走りやすい!
新年の走り初めの大会で公認記録を残しましょう。

特徴2箱根駅伝出場大学チームと走れるチャンス
tokucho02

東海大学の陸上競技部を招待しています。
ハイレベルな走りを間近で見れるチャンスです。

特徴3ビギナーやファミリーにも最適
tokucho03

10km以下ははじめて走る方にも最適です。
選べる参加賞にはスポーツタオルとランドリーバッグを用意しています。
フィニッシュ後の汁物も楽しみ!

特徴4スマホで思い出のゴールシーンを!
全レースのゴールシーンをとちぎテレビのスマホアプリ「とちテレアプリ」で動画配信!
県外からご参加の方も思い出のゴールを動画でお楽しみいただけます。

※大会翌週末から約2ヶ月間配信します。

※アプリは無料で課金もありません。

tokucho04とちテレアプリ
特徴5RUN as ONE – Tokyo Marathon 2019(準エリート/国内)提携大会です!
全国のランナーと大会を支える人々がひとつになり、マラソンムーブメントをより一層盛り上げていくこと、全国レベルの競技力の向上を目的とし、東京マラソン2015からスタートしたプログラムがRUN as ONE – Tokyo Marathonです。

ハーフマラソンの部にエントリーした栃木陸協所属で上位者男女合わせて10名の方に「準エリート」として東京マラソン2019の出走権を付与します。

※東京マラソン2018の出走権ではありません。

なお、次の要件を満たす方が該当者となります。


  • 標準記録:ハーフマラソン/男子:1時間21分以内、女子:1時間45分以内
  • 国内在住者(国籍不問)で、日本陸連(栃木陸協)登録者であること。
  • 東京マラソン2019大会当日(2月第4日曜日 開催予定)に満19歳以上であること。

東京マラソン2019に出走するための諸経費(参加費や交通費、宿泊費等)は自己負担となります。

※参考として東京マラソン2018の公式ホームページをご覧ください。

特徴6走った後は元気あっぷむらでホッと一息
露天風呂のある天然温泉をはじめ、厳選した地元産食材を使用した料理を堪能できる食事処、農産物直売所、宿泊施設、遊具などがあります。走った後は、ここで一息。
TEL : 028-676-1126 高根沢町上柏崎588-1

tokucho01tokucho01
特徴7JR宝積寺駅とちょっ蔵広場
世界的建築家 隈 研吾氏の監修により大谷石蔵を再生させたJR宝積寺駅と東口の駅前広場。冬の風物詩となったイルミネーション「光響楽団」が行き交う人々を魅了しています。

ちょっ蔵情報館
TEL : 028-675-0004 高根沢町宝積寺2416

JR宝積寺駅光響楽団
特徴8高根沢ローカルグルメ
tokucho01

<高根沢ちゃんぽん>
小浜ちゃんぽんで有名な長崎県雲仙市と2012年2月に「災害時における相互応援協定」を締結したことをきっかけに開発されたご当地グルメ。
小松菜ペーストと濃厚豆乳を使った「緑」のほか、季節によっても店舗によっても異なるスープを味わえます。

  • 元気あっぷむら本館2階
    TEL : 028-676-1126
    高根沢町上柏崎588-1
  • お食事処あづま
    TEL : 028-675-1007
    高根沢町宝積寺2321-25
tokucho01

高根沢ちゃんぽん以外にも、高根沢産の野菜がたっぷり入った焼きちゃんぽんや、お米のヘルシーさを生かした米粉のパン、スイーツ、高根沢ジェラートが開発されました。
「高根沢ジェラート」は米粉を使うことによって安定剤や乳化剤などの添加物を使用せずに作り上げています。旬なフルーツをふんだんに使用した各種フレーバーをお楽しみください!
高根沢新名物の取扱い店舗など詳しい情報は高根沢ローカルグルメで検索!

マイページ
マイページから当大会のエントリー履歴やレース記録を見ることができます
  • たかねざわ
PAGETOP
MENU