大会の特徴・観光

  • HOME »
  • 大会の特徴・観光
特徴1フラットな公認コースで自己ベストを目指そう
tokucho01

ハーフマラソンは、日本陸上競技連盟公認コースです。
田園地帯を望むフラットな直線、参加者数も適正で走りやすいです!!
新年の走り初めの大会で自己ベストを目指しましょう。

特徴2箱根駅伝出場大学チームと走れるチャンス
東海大学の陸上競技部を招待しています。
ハイレベルな走りを間近で見れるチャンスです。

tokucho02atokucho02b
特徴3ビギナーやファミリーにも最適
tokucho03

10km以下は、はじめて走る方にも最適です。
選べる参加賞にはスポーツタオルとウエストポーチを用意しています。
フィニッシュ後の汁物も楽しみ!

特徴4RUN as ONE – Tokyo Marathon 2021(準エリート/国内)提携大会です!
全国のランナーと大会を支える人々がひとつになり、マラソンムーブメントをより一層盛り上げていくこと、全国レベルの競技力の向上を目的とし、東京マラソン2015からスタートしたプログラムがRUN as ONE – Tokyo Marathonです。

ハーフマラソンの部にエントリーした栃木陸協所属で上位者男女合わせて10名の方に「準エリート」として東京マラソン2021の出走権を付与します。

※東京マラソン2020の出走権ではありません。

なお、次の要件を満たす方が該当者となります。


  • 標準記録:ハーフマラソン/男子:1時間21分以内、女子:1時間45分以内
  • 国内在住者(国籍不問)で、日本陸連(栃木陸協)登録者であること。
  • 東京マラソン2021大会当日(3月第1日曜日 開催予定)に満19歳以上であること。

東京マラソン2021に出走するための諸経費(参加費や交通費、宿泊費等)は自己負担となります。

※参考として東京マラソン2020の公式ホームページをご覧ください。

特徴5JR宝積寺駅とちょっ蔵広場
世界的建築家 隈 研吾氏の監修により大谷石蔵を再生させたJR宝積寺駅と東口のちょっ蔵広場。
冬の風物詩となったイルミネーション「光響楽団(こうきょうがくだん)」が行き交う人々を魅了しています。

ちょっ蔵情報発信館
TEL : 028-675-0004 高根沢町宝積寺2416

tokucho05
特徴6鬼怒グリーンパーク
tokucho06

海なし県であることから「水との出会い」をテーマに整備を進め、鬼怒川左岸の宝積寺エリアにボート池、水上アスレチック、水遊び広場などを中心にしてテニスコートや野球場、芝生広場などを配置し、上流にはラグビー場(サッカー場兼用)がある等、運動公園としての施設が充実しています。

鬼怒グリーンパーク管理事務所
TEL : 028-675-1909 高根沢町宝積寺86-1

特徴7高根沢ローカルグルメ
tokucho07a

<高根沢ちゃんぽん・高根沢焼ちゃんぽん>
小浜ちゃんぽんで有名な長崎県雲仙市と2012年2月に「災害時における相互応援協定」を締結したことをきっかけに開発されたご当地グルメ。
小松菜ペーストと濃厚豆乳を使った「緑」のほか、季節によっても店舗によっても異なるスープを味わえます。
また、高根沢産の野菜がたっぷり入った、汁なしの焼きちゃんぽんもおすすめです。

tokucho07b

<高根沢お米スイーツ・パン>
県内有数の米どころ、高根沢町産のお米や米粉を原料にした「高根沢お米スイーツ・パン」は幅広いラインナップでお年寄りから子供まで愛されるローカルグルメです。
ぜひ食べ比べてお気に入りの一品を見つけてください。

tokucho07c

高根沢新名物の取扱い店舗など詳しい情報は高根沢ローカルグルメで検索!

マイページ
マイページから当大会のエントリー履歴やレース記録を見ることができます。
  • たかねざわ
PAGETOP
MENU